impatience & starving

新しいオフィスのデスクは窓際の奥になった。
東向きの窓側にずらりと並んだ木製のデスクには午前中は明るい日が差し込み、午後は気持ちいい風が抜けるので目の前の窓は開けっ放しにしている。
通りの向こうに見える工事の音が少しうるさいけど、建てている家屋の進捗から見るに、もうじきそれもなくなるだろう。

誰かが決めた時代の変化には流されずに生きていきたいけど、辟易するくらい繰り返された「平成最後」というフレーズから、令和という聞きなれない単位に移行するのと同じくして、煮え切らない謎の10連休を経て、自分の人生もまた一つの転換期を迎えました。

27インチのiMacからTouch Bar付きの15inchのMacbook proになり、
Philipsのサブモニターは360度回転できるDell のモニターに。
社内タスクやコミュニケーションの総量の差、
激減した通勤時間、社内で使う共通言語、
コーヒーを買いに行くコンビニ、
慣れ親しんだ通勤路やあしげく通ったランチのお店など、
大義を持って職場を変えたとはいえ劇的に何かがすぐに変わるわけもなく、
3年間八丁堀で無意識のうちにこびりついてしまった感覚が緩やかにはがれていくのもまだ時間がかかるだろう。

転職は一年以上前から決めていた。
というより、もともとの計画通りといえばそれまでのことだけど、悩み抜いて決断をしたのはいうまでもないし、順調に行きそうで一筋縄ではいかなかった。
タイミングのせいもあると思うけど南青山や六本木には縁がなく悔しい思いもした。
けれど、まずはこの決断を正答にしたい。

でもまだ結果が出るのは先のことだし、昨年の秋から意識的にアートディレクションの仕事を増やしていたのもあり、手を動かしたアウトプットが減ったせいか、そんな状況に少し焦りと渇望を感じている。

そんな中、Facebook経由や今までの繋がりの中から、ちらほらと仕事の依頼をいただけるようになった。
具体的な相談もあるし、ライフワークとして協力したい案件もある。
本当に嬉しいしありがたいし是非力になりたいと思う反面、話を聞くたびに時間が足りないなぁと思う。
ずっと更新していないポートフォリオサイトや、ステイしていたあるプロジェクトも緩やかに動きつつある。
仕事は自分で作り出す方が面白くなるし、結局自分のような捻じ曲がった人間は、一つの枠組みの中には停まれないので働き方や環境そのものからデザインしていく必要があって、そのためにはまだまだ自己投資や勉強が必要だ。

そろそろ窓から吹き抜ける風のように、もう少し軽やかにスマートに行きたいのに、気づけばいつも汗だくで落ち着きがない。
いくつになっても夏が来れば勝手に高揚して、無意識に凝り固まった価値観を壊したくなるし、どこかの滝壺に飛び込みたくなるような衝動に駆られる。
旅の計画を立てて、どこかの島に逃避したくなっては、そんな妄想をいつもしてる。
自分の周りを殻のように覆っている東京を剥がしたくなる。
今年は4年ぶりにフジロックに行けそうなのが何よりも救い。
7/27はとんでもなく良い日になるよ。どんな天候でも。

そんな複雑な感情を受け入れるべく、AirPodsとずっと欲しかったunicoのラグを買った。
東京オリンピックのチケットはなぜかサッカーが当選した。
SNSや繋がりっ放しの通知のせいで、他人と人生を比較しないのが難しい世の中だけど、そんな風に自分の人生を少しずつ着実にアップデートしていけばいい。焦りは禁物で、やることはいつだって目の前の課題に対してどれだけ思慮を深められるかだ。

「グッドバイ 世界から知ることもできない不確かな未来へ舵を切る」
ワイヤレスのイヤフォンから聴こえてくるサカナクションの新譜はとても軽やかだ。

そんな風に東東京から、またはじめようと思う。

カテゴリー: log

summer of Nagasaki

音楽好きはフェスの年号とともに歳をとる。
聞かれてもないのに年間のマイベストとか勝手に選んで自分のSNSに投稿する。
元号なんて役所の書類を書くときにしかつかわないし、毎回ググらないと覚えていないから、いまいちピンとこない「平成最後」というフレーズのついた夏が終わる。

そんな夏の終わりに、友人の結婚を祝いに遥々長崎という土地に初めて行った。
ソラシドエアで1時間半、空港を出ると両サイドは、はっとするくらい青い海と山に囲まれていてとても美しかった。

高校の頃、現代の授業で題材になっていた、遠藤周作「沈黙」や大学時代に読んださだまさしの「解夏」、佐世保は「69」の好きな小説の舞台になったいたこともあってとてもわくわくした。
空港から送迎用のバスに乗り、ハウステンボスへ。
ホテルに着き会場でせわしなく着替えや準備をして、ホテル内の式場へ。
奥さんの元同僚の友達と先輩という繋がりで10年以上仲良くさせてもらってる2人。
一緒にフジロックに行ってスコールに打たれてびしょ濡れになったり、二人暮らし時代毎年のように鍋をつついたり、今は亡きFabricaや三宿のクラブで夜を使い果たしたり、紹介制の秘密の焼肉屋に行ったり色んな思い出を思い出しながらその時間を過ごした。
2人を介して繋がった人たちと一緒に、家族であの場所に立ち会えたことがとても嬉しかった。
改めておめでとうございました。
すぐに飽きてしまうに2歳児のをあやしながらの時間でしたが、とても良い式だったと思う。

毎日21時に打ち上がるというハウステンボスの花火を見ながら行われた二次会のビンゴ大会では、なぜか一等を引いてしまうというミラクルが起きる。
僕はこの手のイベントで、一度もあたったことがなく前週から仕事でも全然いいことがなかった、この夏は喉風邪が長引いて辛かったのに、本当に人生はわからないし、神様の悪戯のようだ。
もらったApple Watchを左手に付けながら今、これを書いている。

翌日はハウステンボスから新潟から来た友人家族と朝食をとり、ハウステンボス駅からシーサイドライナーで長崎市内へ向かう。
寝息を立てる娘の横で大村湾の風景がただ美しくて吸い込まれるようにながめながら音楽を聞いていた。
子供が生まれてから子育てに追われて、奥さんの実家以外で関東県内を脱したのが久しぶりだったのもあって、夏の空がただ自分の現在地を映し出しているようで不思議な感覚だった。
綺麗な海と空が続いているというだけでとても気持ちが落ち着いた。

長崎に着き、駅ビルの回転寿司を食べて甘い醤油に九州を感じた後、路面電車でホテルへ向かう。
とても混み合っていたが、嫌がる子供に快く席を譲ってくれた。
夏の長崎市内はただ熱くて結局観光できたのは大浦天主堂と出島だけ。
夜にいった江山楼ので初めて食べた本場のちゃんぽんも海鮮パン麺も、いつも東京でたべるそれより、数倍コクがあって美味しかった。

帰りの飛行機に乗る前、空港でいつかの藤原新也のコラムで読んだ五島うどんを食べた。
地獄炊きというなぞのネーミングにざわつきながら、椿油でコーティングしてあるつるっとした独得の歯ごたえに、味わったことのない感触ってたくさんあるんだなと、僕の探究心をくすぐってくれたようで嬉しかった。

行けなかった平和公園や原爆資料館、軍艦島にはまたいつか。
また九州が好きになったよ。

カテゴリー: log

1000 days

生後1000日 って事で行ったディズニー。
あと1年越しのプロジェクトが終わって、お疲れ自分。
初めてのおつかいごっこしたり、リニューアルしたit’s a small worldに感動したり、一年前に来た時は18時には帰っちゃってたから最後のプロジェクションマッピングまで一緒に見れて良かったなぁ。

七月の後半は喉風邪で死んでたから、フジロックも行けず花火も見れず、寝込みながらせめて僕がジジイになるまではずっと元気でいてくれって切に思ってた。
自転車のシートは前から後ろへ、体操教室はベビーからリトルクラスへ。
同じくらいの月齢の子と比べて自分が小さいのを自覚してか、「おっきくなる!」といいながらもりもりご飯をたべるのはなんだか泣けてくる。
トイレも頑張ってるし、洗濯物も自分で畳んでくれる。友達も沢山出来た。
少しずつ成長していく君に負けないように必死だけど、そろそろイヤイヤ終わんないかなぁ。
夏が終わればもう3歳で、30代も折り返し地点。
この前君の産声を聞きに飛行機に乗ったと思っていたのに、本当にあっという間だ。
ようやく部署のMVPなんてものもいただいたけど、自分の作ったものにまだまだ自信が持てずにいる。
と、まぁ家族が北に帰省してしまい、東京に残る僕は独身時代以来の1人で過ごす6連休なんてすごい自由な時間が転がり込んできて、何をすればいいのかわからないのでつらつら思いを馳せている。
基本的にやりたいことって多すぎるし、人生は短い。
ので、時間を有効に使う為と自分に投資するためのお金は稼いどきたいなと思う。
とりあえず海とか山とか、自然と戯れてる時間が3ヶ月に一度くらい欲しい。

カテゴリー: log

2017-2018

あけましておめでとうございます。
ようやく2017年をまとめる時間ができたのでWPにログイン。

昨年毎月一回は自分の考えを言語化すると宣言したものの、見事に実行出来ずに終わってしまった。
2017年を想ってみれば苦しいことの多い一年だったなと思います。
特に別れが多い一年で、毎月のように一人、また一人と誰かが去っていく中で、自分がこの場所でやるべきことや目指して行きたいこと、どの領域までカバーすればクオリティを担保できるのかを何度も自答していました。

アートディレクションという新たな領域に踏み出して見たものの、後輩の指導に追われ、外側の装飾やインタラクションに気をとられるあまり、ビジュアルの作り込みを怠ってしまったり、右も左もわからずに迷惑をかけ、最終的に力ずくでなんとかするという有様。
そんな中、名だたる制作会社のコーポレートサイトが次々にリニューアルしていくのを目の当たりにする度に、昨年立てた目標のあまりの大きさを痛感して、打ちのめされたりする日々でした。
一昨年とは比べ物にならない本数、規模の仕事をお任せいただいて、前年の自分のアウトプットは超えるという最低限の目標はクリアしたとは言えるものの、もっともっと突き抜けたクリエイションに昇華しなければいけないという焦りしかない一年だった。

そんな自責の念に囚われていた年末に、読んだ本の中に、

“アーティストに課せられるべき責任は一つだけ、それは自分の技術(クラフト)に誠実であること”

という言葉を見つけて、”アーティスト”を”デザイナー”に変換して自分に落とし込んで行きたいなと想った次第です。
引き続き、感覚的に良いものとロジック的に正しいものの着陸地点を探して、自分の知的好奇心、探究心の向こう側へきちんと届けられるものを作っていけるように日々を使って行きたいと思っています。

ここからは娘の話
一昨年は人が四つ足から二足歩行へと歩く過程を目の当たりにした一年なら、昨年は言語能力の発達を垣間見た一年だったなと思います。
喃語が、徐々に単語で話すようになり、二語から三語へ、主語と述語を駆使するようになり会話の受け答えが成立するようになりました。
具体的にいうと「パパ」が「なぎちゃんのパパ」になり「お父さん」になる、
「パン」が「パンマン」になり「アンパンマン」になり、「アンパンマン でんしゃ」になり「アンパンマンの電車欲しいな」になる。
そんな単語の数と記憶の断片をつなぎ合わせた会話が日々アップデートされていることがとても嬉しくて楽しくて驚くばかりの毎日です。魔の二歳児という期間に挫けそうな時もありますが。

通常営業の方が自分にはあっているとはいえ、忙しない年末年始という時間は、常に流れて行ってしまう時間を振り返るための良い機会だなと思っていて、2017年はそのようなタームだった記憶しています。
昨年お世話になった方、少しでも気にかけてくれた方、力を貸してくれた方、一緒にくだらない話で笑えた方、
本当にありがとうございました

34歳になりました。
毎年言いたいことは同じで、共に良い時間を共有出来ればと思います。
また一年宜しくお願い致します。

2018 元旦

カテゴリー: log

秋田について

14日の朝から秋田に来ています。
奥さんと娘は先に飛行機で来て、僕は2日遅れて夜行バスで後から合流という形。
明日の朝東京に帰る前に書いておいておきたいと思ってこれを書いています。

秋田県にかほ市
玄関を出て1分も歩けばすぐ海という環境は、子供を育てるにはあまりにも良い。
家に着いたら6時前だというのに庭のトマトを取りに娘が外に出て来て、そのまま海に散歩した。

太陽が昇る頃に起きて、朝ごはんを食べたら海を散歩して、日中は外に行き秋田のニュースを見ながら夕食を食べて、子供を寝かしつけたらすぐに寝てしまう。
そんな健康的な生活。
象潟では2年前から行きたかった木版画家の池田修三さんの作品をレンタサイクル(ありがたいことに無料!)で巡ったり、土田牧場やひまわり畑、TDKミュージアムの合間に海に行き、地元のお祭りに参加して、奥さんの友人家族と互いの子供を遊ばせて、花火を見て、未就学児を連れて遊ばせて回るにはあまりにも充実した連休を過ごした。

初めてここに来たのは26歳の時だった。
高速道路がどこまでいっても1000円だった2010年、それを利用する手はないと、9時間運転してここに来た。
アジカンのマジックディスクを多分10ループくらいしたと思う。
初めはどこにでもある地方都市だと思った。
海も山も近くにあって、田んぼの周りにイオンとコンビニが点在している。

今は無くなってしまった寝台列車あけぼの、飛行機、夜行バス、車で来る途中群馬で事故ったこともあった。。
手段を変えて何度も来るたびに、だんだんとこの街の魅力が自分に浸透して来たのがわかった。
そして2年前ここで娘が生まれて、僕にとって特別な街になった。

ただかつて商店のあった建物の痕跡が多いことは、少し気持ちを寂しくさせる。
壁に剥げ落ちた看板、廃墟になったホテル、だだっ広い空き地。
奥さんが子供の頃は、おそらくもっと栄えていたのだろう。
来るたびにいつも考えている。
中央と地方のあり方。
結局移り住むしかできないのか。
何かもう少しうまくPRする手はないのか。
空港や新幹線が通り、男鹿にも近い北秋田に比べて、
南秋田は交通の便は良くないし、派手な名物があるわけでもない。
冬は厳しいし、自殺率や人口減少率は…。

けれど
鳥海ジオパーク構想というのがもっと広がればいいなとか、
チームラボのインスタレーションができたとか、
TDKの業績が良いとか、
道の駅がリニューアルしたとか、
新しいお店ができたとか、
この街で懸命に暮らす人のニュースを東京で聞くたびに、少し嬉しくなっている自分がいる。

見渡す限りの空が美しい。
近所の爺さんもおばあちゃんもお店の人もみんな優しい。
日本海はいつも真っ青で、そこに降り注ぐ太陽の輝きはいつも変わらずにそこにある。
風車が山の上でビュンビュン回って気持ちいい風が流れている。
鳥海山から流れる水で作られる農作物はどれも美味しいし、
漁港で水揚げされた魚で握った近所のお寿司屋さんも美味しい。
1日の終わりには、日本海に沈む夕日が僕らを包む。
日が沈めば、空には東京の1000倍くらいの星が瞬く。

人間が清々しく暮らすにはそれで充分じゃないのか。
そんなことを思わせてくれる。

受け手の気持ちを考えずに投げつけられた言葉。
張り詰めた人間関係。
不要な通知の多すぎるSNSのタイムライン。
東京での面倒な悩みや仕事のストレス。
つまらない虚栄心や猜疑心。
本当にそんなことがバカバカしくなる。

いつか鳥海山の山頂まで登ろうと思っている。
子供も一緒に来てくれて、あつみのかりんとうを食べながら山頂でくだらない話をしたい。
その帰りには、笹乃井でつぶ貝を食べながら飛良泉で一杯やりたい。
ねむの丘の温泉に行くのも良いな。
風呂上がりには象潟の岩ガキを食べるんだ。
そんなどこの地方にでもある普通のことを無くしたくない。

あと何回来れるかわからない。
でもきっと、多分死ぬ前にここのことを思い出すだろう。
最近は来るたびにそんなことを想っている。

カテゴリー: log