FUJI ROCK FESTIVAL 2019 DAY 1

初日

越後湯沢駅に着いたのは9時少しすぎ、どうやら前の新幹線が止まったらしくいつもよりバス待ちの列が長い。
そのせいで1時間弱炎天下でバスを待ち、バスの中で間に合わなかった中村佳穂の配信を見ながら苗場へ向かう。
ツアーセンターで今夜の宿を見つけてもらいフィールドオブヘブンへ急ぐ。
この日はエルレ効果で動員が多くて本当に移動に時間がかかった。
PASMOでビールを買い、思い出野郎Aチームからフジロックと2015年以来の再会。
スカッとしていて気持ちいい、歌詞にもある通りすげー自由なグルーブ。
娘も大好きな「楽しく暮らそう」も聴けていつの日か一緒に見れるといいなと思う。
やや期待外れなステーキ丼を食べながら七尾旅人のダイブを見届けてひとまず宿へチェックインしにいく。
ヘブンから宿まで歩いて往復8km。
流石にタクシーに乗り急いだものの、OAUも半分くらいしか見れなかった。帰り道を聴きながら友のことを想う。

TORO Y MOI、数年前ホワイトで見たときは最高のライブだったけど、サウナ状態になるほどの動員で、全く踊るスペースも姿も見えず。。正直レッドマーキーで見るアクトではないなと思う。知り合いにちらほら遭遇。
そして間髪入れずにELLEGARDENは本当にすごい人だった。
08年に雷雨の中、グリーンステージで見た時よりも思い出していたけどその2倍くらいいたと思う。
知っている曲も知らない曲も多くのうねりや思いがその場にある空気から感じ取れた。
眠っていたバンドを動かすのなら、是非また新しい曲を聴かせて欲しい。

また山奥に戻り、TYCHOを見ながら魚出汁のラーメンをすする。
疲れた体に魚介の出汁が染みる。美味い。
それにウォーミーなダンスビートが重なり、環境とあいまってとても心地よかった。
そして夜は深く、THE LUMINEERS、たっぷり1時間半。
後半はほぼ寝てたけど、深夜に聴くカントリーミュージックは本当に体の奥底に響いて、五感がフルに反応しているのがわかった。

そしてTHOM YORKE TOMORROW’S MODERN BOXES
踊るトムヨーク 50歳を見届ける。
ひんやりとした澄み渡った空気の中とあの声のハーモニーが溶ける。素晴らしい。
Atoms for Peaceも聞けてよかった。
24時を回りこの時間に山奥で音楽に興じている罪悪感とともに、苗場の夜は長い。
少し雨が強くなってきたのと、もう20kmくらい歩いて疲労がピークに達していたこともあり、
27時からのKID FRESINOを諦め、エントランスを出てカフェドパリで休憩。
ナイトクラブのような雰囲気に離れすぎていたので、しばらく踊る観客をみながらぼーっとしていたら勝手にしやがれのライブが始まった。少し見て宿に着く。
音楽に自分の時間を注ぎこめる若さに羨ましさも感じる。
相部屋の人に軽く挨拶をして、風呂に入る。
27:30 泥のように眠る

2019/07/26
思い出野郎Aチーム
七尾旅人
OAU
TORO Y MOI
ELLEGARDEN
TYCHO
THE LUMINEERS
THOM YORKE TOMORROW’S MODERN BOXES
勝手にしやがれ

カテゴリー: log